こんにちは。○○です。

活動中は、色々とアドバイスして頂いて、ありがとうございます。
ホームページにコメントを載せて頂くということなので、文章を考えようと
思っていたのですが、色々と忙しくてなかなか手が付きませんでした。

お互いの両親への挨拶は無事に終わって、5月の後半に顔合わせ会をやります。
挙式は○○月に軽井沢の高原教会で、親族だけで行うことになりました。
披露宴はやりません。
新居は探しているところでして、見つかり次第、入籍してから引越しします。
将来的には(何十年も先ですが)、相談所を開きたいですね(^^)。
その時代に、お見合いというものがどれほど需要のあるものなのか、わかりませんが。


コメントです(活動中の年上の女性には辛口コメントですが(^^;)

========================== ここから ==========================
なかなか出会いがありませんでしたので、思い切って早いうちから結婚相談所に
入会したのは正解でした。周りからは、「今の時代は、その年齢で焦る必要はない」と
言われましたが、それでも入会して良かったです。そうでなければ、若くてかわいい女性と
結婚できなかったかもしれませんし、「子供は2人は欲しい」という夢が叶えられなかった
かもしれません。

活動中は、なかなか上手く行きませんでしたが、丸山先生に勇気付けられたり、
アドバイスをして頂いたりして、本当に感謝しています。何度も失敗して、
アドバイスを頂いて、経験を積むことで成婚に至るんだということを実感しました。
そういう意味では、やはり早いうちから入会しておいて良かったと思います。

今の彼女とお見合いしたときは、それまでのお見合いとは全く違い、最初から
自然体で話すことができました。話し込んでしまい、気付いたら外が暗くなっていました。
その後の交際でも、いつも自然体でいられましたし、一緒にいて疲れることはありませんでした。
本当に色々な話ができました。自然と結婚生活の話も出ていました。
それ以前にも他の人と交際したことはありましたが、それまでとは全く違う感じでした。

彼女は素直な人で、「早く会いたい」とか、「次に会えるまで寂しい」とか、
そういったことを素直に表現してくれる人でしたので、私も嬉しかったし、
彼女の気持ちが手に取るようにわかったので、交際し易かったです。彼女は看護婦で
夜勤があったりしましたが、お互い努力して時間を作って、頻繁に会っていました。
会えない日も電話で連絡を取っていました。
6回目ぐらい会ったときには、お互いほぼ結婚する気でいましたので、挙式や新居などに
ついても話し合っていました。その頃は、もういつでもプロポーズはOKという
雰囲気でしたので、8回目に会ったときに、もうプロポーズしてしまいました。
彼女は、そろそろプロポーズされるということはわかっていたそうですが、
やはり言われたときは嬉しくてボロボロ泣いていました。

結局、プロポーズまで1ヶ月もなかったのですが、一時的な感情ではなく、
沢山の話をしたことで「この人となら一生、一緒に生きていける」という確信が
持てたので決めました。交際期間の長さは関係ないということを実感しました。
「この人なら」という人と出会ったときは、本当にトントン拍子に決まるものだ
ということを実感しました。
今は婚約中ですが、色々な段取りをする中で、色々な問題が出てきましたが、
一生懸命に話し合って乗り越えています。もし妥協して相手を選んでいたら、
途中で挫折してしまったかもしれません。

お見合い活動中は、何度か挫折しそうになりましたが、諦めずに続けて良かったです。
そうでなければ、今の人に出会えませんでした。

これからお見合い活動を考えている人や、お見合い活動中の人は、「この人なら」という
人に出会えるまでがんばって頂きたいです。
========================== ここまで ==========================