TOP
戻る

39歳男性さんからのメール(前文) 超美人の女性を奥様にしたアツアツカップルさんのご挨拶です。2002年11月13日 0:00
丸山先生

  ○○です。

先日はどうもありがとうございました。
おうかがいしてご報告申し上げたとおり、
挙式、披露宴と、とどこおりなく進めることができました。
そして、今、彼女とふたり、充実した時間を
共有しています。

彼女と2月に出会い、3月末にプロポーズ、
7月に結納、10月に入籍と挙式、11月に披露宴。。。
2002年は、私にとって生涯忘れえぬ一年となりました。

まわりの方からは、あわただしい一年だったように
思われそうですが、私自身が感じているのは必ずしも
そうではありません。
この一年のなかで、実に様々な出来事があり、
その都度、いろいろと自分なりに考え、
まわりの人たちの思いやりにふれることができ、
いまさらながら自分が成長できた−−そんなふうに
思えるじっくり過ごせた一年でした。
きっと彼女も同じ感想をもっているように思います。

丸山先生には、彼女との出会いをつくっていただいた
ことはもとより、折にふれ貴重なアドバイスを頂戴し、
心より御礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

丸山先生との出会いも、彼女との出会いもすべて偶然と
いえば、偶然です。
ただ、今はこういった出会いが必然だったのでは
と思える、そういう心境にいます。
人間のつながりとは、不思議なものですね。

これから寒さがひとしお身にしみるような季節になりますが、
お身体ご自愛ください。
いっそうのご活躍をお祈りしております。


PS.
ホームページに掲載していただくデジカメ写真を
あらためて選び、添付しました。
顔を隠して掲載されるとのことでしたので、
パリで挙式したことが、なんとなく伝わる写真のほうが
よいかと思い選んだしだいです。
よろしくお願いいたします。
          


   TOP
   戻る